積極的なデータ資産活用を

PoCで終わらないための、DataArmor™とSecureAI™

PoCで終わらないための
DataArmor™とSecureAI

現在、各社でAIへの取り組みが進んでいますが、AIが運用まで進むケースは僅か数%と言われています。その大きな理由を占めるのが、データ共有・知的財産保護、サイバーセキュリティとデータセキュリティなどの課題によるものです(アクセンチュア調べ、以下)。 実証実験(PoC)でデータが使えても、本番ですべての変数、データが活用できるとは限りません。AI運用上発生してくる継続的なデータのセキュリティポリシー運用を効率化できる、安心安全な本番環境が必要です。(参考:https://www.accenture.com/us-en/insights/industry-x-0/ai-transforms-products 「AI turns ordinary products into industry game-changers」2018.4.20より)
EAGLYSは、専門家チームによる豊富なAI導入とデータ活用の知見とともに、将来の安全なデータ活用とAIの安全な運用までデザイン、ビジネスの継続的な成功を支援します。

上場企業を中心にしたAI実装実績

金融、製造、広告・マーケティングなど幅広い業界において、上場企業を中心に信頼される企業とデータ分析・AIプロジェクトをご一緒しています。専門家チームによる豊富なAI導入とデータ活用の知見とともに、ビジネスの継続的な成功を支援します。

金融
広告/マーケティング
製造業
医療・製薬、バイオ系
Web/EC
不動産

DataArmor™のユースケース

分析基盤・AI構築に向け、部署間、グループ会社間、そして業界業種をまたいだデータ活用を推進したい、データセキュリティの課題をクリアにしてクラウドに移行したい、ローカルで行う処理の安全なログバックアップや遠隔での監視の自動化を行いたい、そういったインターネット空間で活用しにくい機微なデータを扱うユースケースに最適です。

  • 金融

    トランザクション
    不正検出システム
    企業の情報や金融トランザクションなどの機微データを集積・統合し、AI構築と精度向上の支援
    詳細を見る
  • 広告・マーケティング

    個人属性データを用いた
    パーソナライズリコメンドエンジン
    ユーザーの属性やアクセスログなどのパーソナルデータ入力変数として、そのユーザーに最適な商品リストを作成する
    詳細を見る
  • 金融・その他

    AI OCRのセキュアなクラウド活用
    (Secure AI™OCR)
    暗号化された画像データをAI OCRに入力、出力も暗号化したまま集積。クラウドでの活用による運用コスト削減
    詳細を見る
  • 製造業

    IoT x 異常検知 とクラウド活用
    IoTからセンシングされたデータの異常検知エンジンへの活用と、学習モデルのクラウドを介した共有・バックアップ
    詳細を見る
           
  • 物流

    物品の最適配置と需要予測
    どの棚に何の商品を陳列すべきか、また何の商品がよく発注が入るかをトラッキングし、配置を最適化。
    詳細を見る
  • マーケティング・その他

    システムのセキュア化による、SaaS利用の促進
    マーケティングオートメーションのSaaSには、メールや氏名を含む個人データを送信しなければならないものがあり‥‥
    詳細を見る