EAGLYS

機密データの活用と
リモートAI解析・運用に

リモートから機密データアクセスとAI解析を可能にするセキュアルーム。拠点や部門、組織をまたいだデーター・AI共有を可能に。

DataArmor GateDB logo
ナレッジ生成

機密データもセキュアに活用

セキュアなリモートデータアクセス・リモートAI解析環境を構築。企業内の部門をまたいで、工場をまたいで、組織間をまたいで、セキュアなデータ共有連携基盤。データオーナーによって異なる鍵、鍵へのアクセス制御によって、機密データへのアクセスコントロールを実現。データに対して許可されていない人やシステムからアクセスが起こらないように保護、ガバナンスを実現します。

投資効果ベネフィット

初期投資をかけすぎない、すばやく始めるAI運用・データガバナンス

AI運用・データガバナンスシステムには膨大な設計・開発・運用工数がかかります。機械学習モデルのデプロイ、ふるまいを制御する運用、データの継続的な集積や適するエンティティとの共有、バージョン管理等、膨大なシステムとなり、さらに各機能へのセキュリティ対策・設計・運用も重なって初期投資・運用投資が肥大化します。 すぐにAI運用に入れるように、いざ設計ミス、運用ミス、内部外部からの脅威が発生しても安全にガバナンスできるように、プライバシー・セキュリティbyデザインのシステムを実現します。結果的に、データ管理、機械学習モデルの運用における生産性やコスト削減が見込まれます。

チームワーク

スケーラブルなセキュアデータ共有

正しいメンバーのみが情報へのアクセス・復号ができることを前提に、データサイエンティストやエンジニアなどチームメンバーが、データを自由にやりとりできるセキュア基盤です。リモートで共有しながら大きなデータセットを用いた分析・AI解析をより柔軟に実現できるようサポートします。

Coming Soon

データサイエンティストや承認ユーザーが、リモートAIモデル開発、リモートデータアクセス、監査・コンプライアンスのスマート実行などの必要性のため、許可されたデータへのアクセス・活用を可能にするEAGLYSの最新プロジェクトです。

このソリューションは、セキュアで利便性の高いデータアクセス環境を実現するために、暗号化技術とアクセスコントロール技術を掛け合わせた統合的ソリューションです。