EAGLYS
News

<プレスリリース>【日本企業初】 EAGLYS、グローバルピッチバトルGITR世界大会 金融・規制産業部門で優勝

100以上の国と地域の総勢25,000から世界トップへ

AI解析×秘密計算のEAGLYS(イーグリス)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:今林広樹、以下「EAGLYS」)は、2021年4月21日(日本時間23時~24時)にオンラインで開催されたグローバルピッチバトルGET IN THE RING(以下、「GITR」)世界大会GLOBAL MEETUP2021で、100を超える国と地域からの総勢約25,000エントリーの中で4部門に分かれて競い、Finance & Regulation(金融・規制産業)部門で優勝を果たしました。日本企業の世界大会決勝ラウンド「GlobalFinal」への進出、および優勝は初めてのことになります。

EAGLYSは、提供する秘密計算技術(データを暗号化・秘匿化したままの状態で利活用できる技術)およびプロダクトについて3名の審査員全てに評価をいただき、優勝を果たしました。

EAGLYS株式会社 代表取締役社長 今林広樹
EAGLYS株式会社 代表取締役社長 今林広樹

■GITR世界大会「GLOBAL MEETUP2021」とは
2012年オランダ発のグローバルピッチバトルコンテストGET IN THE RING(GITR)の世界大会で、スタートアッ プ企業同士が、交互に30秒の英語ショートピッチを繰り返しビジネスモデルや実績などを競うイベントです。Global Finalは100以上の国や地域の25,000エントリーから選抜された8社、全4部門(1_Food & Agri, Energy Chemicals & Materials/2_Finance & Regulation/3_ Health, Well-being & Education/4_Logistics & Mobility and Construction & Manufacturing)で実施され、EAGLYSは金融や法律等の規則で新規参入の難しい産業を対象としたFinance & Regulation(金融、規制産業)部門の決勝を競いました。

Global Final : https://youtu.be/W51sgGp4NYY

GITR参加の国や地域(Get in the RingのHPより転載)
GITR参加の国や地域(Get in the RingのHPより転載)https://getinthering.co/about-get-in-the-ring/

■ AI解析×秘密計算のEAGLYSとは
EAGLYSは、「あらゆるデータを安全に利活用し、価値に変える」をコンセプトとし、データを守りながら繋ぐ・活用する土台となるデータセキュリティと、価値にかえるAI解析の両輪でビジネスを展開しており、この両輪を併せ持つことをユニークな強みとして各業界リーダーとの社会実装事例を創出しています。

データセキュリティにおいては、世界トップクラスの独自高速化技術を生かした秘密計算エンジン搭載製品「DataArmor(データアーマー)」シリーズにより、異なる企業間の重要データを互いに秘匿化したまま、詳細粒度でデータを繋げることで、これまで見えてこなかったインサイトを抽出することができるようになります。位置情報、決済・購買データ、物流・サプライチェーン関連データといった重要データの連携により、需要変動の検知や要因分析の高度化、データ拡充による共同配送の最適化、相互送客やパーソナライゼーション等、各社のビジネス展開の実現を進めています。

複数の重要なデータを掛け合わせるほど、データのセキュリティ・プライバシーの重要性は高まるため、積極的なデータ利活用戦略、データドリブンなDX実現には欠かせない技術です。また、近年では複数のクラウドにデータを集めコンピューティングする際のセキュリティ強化(パーソナルデータ保護等の安全管理)にも活用されています。

GITR 日本大会、世界大会出場者
GITR 日本大会、世界大会出場者

           GITR世界大会登壇 Finance & Regulation(金融.規制産業)部門 優勝                                   
                 GET IN THE RING Global Meetup2021
EAGLYS株式会社 
代表取締役社長 今林 広樹(イマバヤシ ヒロキ)   

2015年、渡米しデータサイエンティストとして務める中、セキュリティのためにデータ共有・活用が進まない課題に直面し、データ利活用を前提にした柔軟なデータセキュリティーが今後のAI・ビッグデータ時代のコアとなると確信し2016年に帰国。早稲田大学院在籍中に、国プロジェクトの一貫で秘密計算に関する論文執筆や国際発表を重ねる。2016年にEAGLYSを創業。現在、統計・機械学習・深層学習などのデータサイエンス領域、秘密計算・高機能暗号やその高速化・並列処理などの計算機科学領域など、多様な専門性が交わる多国籍の博士・研究員メンバーと共に社会実装を進めており、「JapanVentureAwards2020」で中小企業庁長官賞を受賞するなど優秀な若手経営者として注目されている。

■会社概要
社名:         EAGLYS株式会社
代表者:      代表取締役社長 今林広樹
所在地:      東京都渋谷区代々木1-55-14内海ビル301
設立:         2016年12月28日
資本金:      10億249,990円(準備金含む)
事業内容:   秘密計算技術およびAI解析技術に関する研究開発
      セキュリティ・プライバシー強化ソリューションDataArmor®シリーズ開発・販売
                   AI構築・データ利活用に関するコンサルティング及びプラットフォーム開発
URL:    https://eaglys.co.jp/   

製品サイト
Data Armor Gate DB: https://eaglys.co.jp/solution/gate-db/
Data Armor Gate AI:  https://eaglys.co.jp/solution/gate-ai/
*製品詳細、およびDataArmor Gate AIにつきましては別途お問い合わせください。


「TechSirius 2019」最優秀賞、「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞、「ICT SPRING EUROPE2019 cyber security section」優勝、「Forbes JAPAN」 Rising Star Award,「東京ベンチャー企業選手権」東京都産業労働局長賞、「JapanVentureAwards2020」中小企業庁長官賞、「EY Innovative Startup 2020」 選抜、「世界発信コンペティション」東京都ベンチャー技術奨励賞などを受賞。「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」「JR東日本スタートアッププログラム2020」等の採択他、協業をすすめている。