EAGLYS
NEWS

<登壇>製造業向けIoTカンファレンス2020秋 

EAGLYS(イーグリス)株式会社の代表取締役社長 今林広樹は、2020年9月17日(木)に開催される、「製造業向けIoTカンファレンス2020秋(東京)」に登壇。「評価改善により精度・頑丈性を高めるAI研究開発と、データ秘匿化連携による運用効率を考えたスマートファクトリーの実現について」と題した講演を行います。

■IT化からDX化へ
近年、業務効率化のためにに行われてきたIT化の流れは、IT化で生まれた技術やデータの活用を通してビジネスモデルや組織変革を行うことで、企業の共創優位性を確立しようとするDX化*へと移行しはじめています。それに伴い、製造業においても工場やラインにおけるIoTやAIの活用で導かれた詳細データによる品質管理の標準化や、生産性の向上などが行われています。
*DX(デジタルトランスフォーメーション):
「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジ タル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのも のや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」H30.12 経済産業省デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドラインVer.1.0より

■今林による講演予定
DX化をすすめるにあたり、更なる活用が期待されるAI開発。実は、導入検証を行うPoCの段階で止まってしまう事案が数多く存在しています。EAGLYSでは、そうしたPoCを先に進めるには、運用を見据えたAI開発ポリシーや、運用から全体設計考えることなどが大切だと考えています。
本講演では、データサイエンティストとしての視点で正確性と頑丈性を追求し成功したAI開発事例や、クラウドを活用したスマートメンテ・スマート品質管理を実現するアプローチ、セキュリティファーストに設計したリモートデータアクセス・リモートAI解析・運用環境についてご紹介予定です。

■製造業向けIoTカンファレンス2020秋(東京)EAGLYS登壇スケジュール
日時:2020年9月17日(木) 9:30~17:00
EAGLYS株式会社代表取締役社長 今林登壇:11:45~12:25 会場内RoomB
会場:JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー・KITTE 4F
料金:事前登録制/無料 *リアル・オンライン選択制
お申込み:https://forest.f2ff.jp/login?project_id=20200902
主催・運営:株式会社ナノオプト・メディア